TOP > 岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談 > 熟年離婚と妻の浮気調査について

岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

熟年離婚と妻の浮気調査について

ペンネーム:ナカジマさんのお話

私は、62歳の年金生活者で、別居して7年になります。
当初、家を札幌に建て、二年後にお袋も同居しましたが、嫁と折り合いが悪く、同居して3年目でお袋が元の自宅に戻ることになりましたが、お袋も年で心配だったため、私も転勤して、お袋と同居しています。(お袋は5年前 から、グループホームに入っています。)
当初は上の娘と妻が同居していましたが、最近娘が家にいないような気がします。(時々男が家に来ている気がします)
離婚の話は家を出る時からしていて、妻は家と年金を半分、要望しています。
私は、退職金もすべてつぎ込んだ家であり、自宅に戻りたいのですが、何か良い方法はありませんか?

<カウンセラーからの回答>

こんにちは。
メール相談にお問い合わせいただき、ありがとうございます。

お母様がグループホームに入られるまでの間、身体を気遣い一緒に住まわれた中島さまに、とても心を打たれました。お母様思いのお優しい方なのですね。

ご相談の内容ですが、別居をされておられた7年間の間、奥様との関係(会話ですとか、メールのやり取りなど)、コミュニケーションが取れていたのかどうかを振り返ってみてください。
7年前、お母様と一緒にお家を出て行かれた時、奥様は取り残された気持ちで内心とても寂しかったのではないでしょうか。
ただ、ご自身の家ですので家のメンテナンスを理由に、様子伺いで帰られてみてはいかがでしょうか。
その時に、どなたか友人だったり、ご親戚の人に一緒について行ってもらう、ということも心強いですよね。

お母様がグループホームに入られた今、ご自身が何に価値をおくのか、お家なのか、奥様とのこれからの人生なのか、それとも一人で過ごして行く人生なのか、何を選択されますか。
ご自身に問いかけてみてください。

そしてまた、進む道に迷ったらいつでも私達カウンセラーに相談ください。
私はいつも貴方を応援しています。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。