岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

養育費について

ペンネーム:ちかこさんのお話

離婚の話が出ています。
現在、私は専業主婦で一歳の子供がいます。
主人は今年4月に転職をし、公務員になりました。市役所勤務です。
養育費を決めるのに、主人は、現在の職業の年収で、算定表を参考に決めるつもりでいます。
昨年の年収は500万弱、現在は325万くらいだと言います。本当かわかりません。
もし、調停離婚で算定表を参考にする場合は、いつの年収を見ればいいのですか?
勝手に転職をして、離婚を切り出され、養育費を安く済ませられるのは納得がいきません。
ご返信を宜しくお願いします。

<カウンセラーからの回答>

ちかこさん

毎日、家事、子育てを頑張っていらっしゃる中、突然の離婚話は、どんなにショックだったことでしょう。
勝手に転職、そして一方的に離婚話。
お子さんもまだ小さいのに、本当に無責任だと思いますし、ちかこさんの悔しい気持ち、よくわかります。
感情的にならざるを得ない状況だと思います。

ご質問いただいた養育費の件、法律家ではないので断定的なことは言えないのですが、現職での年収により算定表を参考に決める場合が多いそうです。
今までの事例からも現実は納得できる養育費がもらえることはあまりないと聞いていますし、小さいお子さんを抱え、1人で子育てをしていくことは大変なことと思います。

離婚して、苦労をしてる人がたくさんいるのも事実ですから、ちかこさんには、そんな思いをしてほしくないので、どうしていくか一緒に考えましょう。

お子さまが産まれてからの1年。
ちかこさんは初めての育児に格闘し、毎日、必死で頑張ってきたと思います。

お子さまが産まれた後は、お子さん優先の生活になっていたと思います。
それは仕方のないことですが、多くの男性は子供より自分を優先してほしいと思うものです。
もしかしたら、ちかこさんのご主人もそう思っていたかもしれません。
そんなときに、何かあったのかもしれません。
ちかこさんのご主人に限ってはないかもしれませんが、女性が関係しているかもしれません。
調べてみてから、どうするか考えても遅くないでしょう。
離婚はいつでもできます。
縁あって結ばれ、お子様まで授かったご主人です。
離婚はいつでも出来ます。
焦らずに、後悔しないように頑張りましょう。
1人で辛いときは、私たちカウンセラーを活用してください。

ちかこさんの幸せを心より応援しています。
ご主人の対応や様子から貴方の気持ちが整理されてくると思います。 頑張ってみて下さい。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。