岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

調停離婚

ペンネーム:Y男 さんのお話

息子の相談です。
3年前に結婚して、子供が6ヶ月です。
お嫁さんは離婚したお母さんと二人暮らしでした。結婚当初から実家で生活している事が多かったのですが、続けて妊娠から出産と……家に帰る意思がない事に、息子が切れたのだと思います。

お嫁さんは息子に言われたひどい事を、ノートに書いてある と言っています。
お互い離婚には同意していますが、向こうは知人の司法書士がついています。 養育費は仕方がないとしても、こちらの言い分(向こうに非があること)も、聞いてもらえるのでしょうか?
こちらは口下手なので、調停に不安なのですが……

<カウンセラーからの回答>

お孫さんが生まれてまだ6か月なのに、息子さん夫婦は離婚調停までお話が進んでいるだなんて、お父様の心中お察しいたします。息子さんが口下手との事、今後の対応もさぞかしご心配のことでしょう。
息子さん夫婦がお互い離婚に同意されているのであれば、そのまま離婚ということになるのでしょうが、養育費は仕方ないとのことですので、ご心配されているのは慰謝料と財産分与の交渉ですね。

離婚調停とは、当事者同士で直接話が出来ない、まとまらない場合等に調停委員という方が間に入って双方の主張を聞いてくれる場です。 口下手な息子さんがご心配だと思いますが、相手方とは直接顔を合わせる事はありませんので、落ち着いて、息子さんの主張がしっかり伝わるよう、今までの経緯を時系列などにして事前にまとめておく陳述書として用意しておくとよいでしょう。
相手方は息子さんに言われたひどい事をノートに書いてあるとありますが、それが即慰謝料が発生する程のDV(モラハラ)の証拠になるとは考えにくいですし、そもそも正しく記載されているかどうかも分からないのです。 今はそのような相手方の一方的な主張は気にず、息子さんの言い分を誠実に伝える事を考えて下さい。
実家依存のお嫁さんは少なくないですし、ましてや母一人子一人ということであれば、さぞかし強い結びつきだったかとは思いますが、結婚当初から実家に居る事が多かったうえ、出産後半年も帰ってこない状態は普通ではありません。 夫として、子供の父親として、とても寂しく辛い状況だった事を素直に伝えるべきです。

妻側には知人の司法書士がついているようですが、司法書士は離婚調停に同席すること出来ないと聞いています。交渉や調停の同席出来るのは弁護士だけと聞いています。 息子さんが調停を進めていくにあたって、一度弁護士さんに相談することをお勧めいたします。 一回のアドバイスで自信がつくかもしれませんし、調停の進み具合によっては同席などお願いした方が良いかもしれません。 お金がかかる事ですが、口下手の息子さんの主張がうまく伝わらずに納得のいかない調停結果に終わってしまわないよう、弁護士さんにしっかりサポート頂くと安心だと思います。
お孫さんがうまれたばかりで離婚という決断に至った事は非常に残念ですが、息子さんの気持ちがきちんと伝わり、今後前向きに歩みだせるような結果になることをお祈りいたします。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。