岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

浮気の証拠開示 携帯電話

ペンネーム:S子さんのお話

すでに離婚協議書は作成済みですが、夫の不貞相手からの慰謝料も検討しております。だだ決定的な証拠がなく、レコーダーでの録音・ライン上で不貞相手との写真を公開、協議書に不貞事実は記載していますが名前等は拒否されました。携帯は昔夫が借金でブラックに載ったので私名義で契約しています。証拠として通話履歴など開示できるものなのでしょうか?

<カウンセラーからの回答>

旦那さんの不貞、信じていた人の裏切りはとっても辛いものですね。
二人で幸せになろうと願って結婚したはずなのに不貞行為をされ、怒りと悲しみによって許せないお気持ちは痛いほどよく解ります。
相手の女性に対しての慰謝料請求をご検討でしたら、法的なアドバイスが出来る弁護士に一度相談される事をお勧めします。
内容としましては、不貞の事実が記載されている離婚協議書やお持ちの証拠にて慰謝料を請求できるのかどうか、また、旦那さんや相手の女性に支払い能力があるかどうかによっても金額などが変わってくると思います。
解決するまでにはまだ時間がかかると思いますが、新たな人生が幸せになりますよう切に願っております。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。