TOP > 岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談 > 妊娠してわかった夫との関係

岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

妊娠してわかった夫との関係

付き合って10ヶ月で結婚、その後3ヶ月で妊娠しました。妊娠したあと切迫流産になり仕事を辞めることになりましたが、そのことで上司とトラブルになり、 肉体的にも精神的にもかなり動揺してストレスがたまる毎日でした。夫に相談しても「わからないから」と話も聞いてくれません。 そればかりか、妊娠中も出産後も思いやりのある言動はありません。
また、主人の兄弟も考えが古く、「嫁」なんだからと、まるで私の人生を結婚で買い取ったような態度です。私の知らないところで勝手に、夫の両親との同居の話もされていたようです。
自分の身内にだけ良い顔をする。なにかあって頼りにしたい時に少しも頼りになってくれない。そんな夫に対する気持ちは冷め切ってしまいました。 まだ若く、取り返しのつくうちに離婚して、自分のための人生を歩き始めたほうが良いでしょうか?
夫は長男で女2人の3人兄弟です。
(Y子さん/28歳)

<アドバイス>

恋愛中と結婚後の生活は誰しも違ってくるものです。とくに子供ができたりすると、お互いにとまどいが生じてきます。 女性の視点では、妊娠や出産というのは「人生における最大の出来事」ですが、男性視点からすると、自身の母親もしてきた事だからあたり前という認識を持つ人もいるようです。 男性は、結婚に対して責任を持ち、出産には費用もかかることから、その点も相当なプレッシャーに感じていることでしょう。 ましてや、古い考えの家庭で育った長男なのですからなおさらです。

離婚はいつでもできます。いくつであろうが関係ありません。自分の幸せのための決断を下したときが離婚時です。 しかしそれは、子供につらい思いをさせることを十分承知しておいてください。母子で頑張るにも、仕事をもたないと厳しい生活になりますし、もっと準備してからでも遅くはないでしょう。 今のあなたは、自分のことだけしか考えていないように見えます。
思うとおりにならないとすぐ不満をもらしていませんか。結果をすぐに求めていませんか。

せっかく縁があり結婚をし、子供を授かったのですから、与えられた環境というものを受け入れ、精一杯心掛けることも大切です。 人の気持ちを動かすには自分も努力をしないといけないのです。自身の人生を、あなたが一生懸命生きることが、ご主人をはじめ家族の心を動かし、お子さんもお母さんを誇りとすることでしょう。 ぜひとも素敵な家庭作りに努力してみてください。
あなたが十分に頑張ってもご主人が理解を示してくれない。そのときは、わたしは心からサポートします。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。