岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

離婚を迫られている

ペンネーム:あゆたくさんのお話

夫婦ともに31歳、結婚3年目共働きです。子供がうまれたばかりの状態で夫から離婚を迫られています。
原因は一年前に夫が転職したいといいだしたことから始まりました。
子供ができた場合共働きが難しくなるような忙しい職場で、その時の話し合いの際に子供ができたら私の実家でしばらく育て、自分は単身赴任をすると夫が言うのでしぶしぶOKしました。
子供ができてからも不本意そうでしたがそれに同意するような会話がいくつかありました。ですが実際子供が生まれてみると、夫は3人で暮らさないなんて信じられないと言い出しもめました。
そのほかにも夫の両親が「嫁にきた身だということを考えたことがあるのか」「嫁に来たなら嫁ぎ先の意向に従うという考えが普通だ」といってきて、夫の親を巻き込む事態になりました。
夫は昔から両親のいうことを尊重し私の意見や気持ちを受け止めてくれません。そして夫から一か月ほど前に『俺とお前、親同士の価値観が違いすぎて歩み寄るところがみつからない。こんなもめごともうたくさん。離婚したい。今後はもう離婚後の話し合いをしていきたい』と言われました。
その後、自分自身の悪かったことや考え方を見直しメールにて『わたしはいろいろ考えて3人で暮らしていきたい。わたしにとってあなたと子供が一番大切だから』と伝えましたが返信が来ませんでした。
それから、彼の気持ちも自分の気持ちも落ち着かせたいと思ったので手紙にて『しばらく距離をおきませんか。心も体も休ませて子供をしっかりと今は育てたい』と伝え、私と夫、子供の3人で撮った写真を添えました。
そこから一か月(現在)お食い初めに来てほしいということも伝えましたが来てくれませんでした。そこで質問なのですが修復するためにはどうするのがよいでしょうか。このままほおっておいたほうがいいのか、子供を連れて夫に会いにいくべきか……アドバイスお願いします。

<カウンセラーからの回答>

出産したばかりで、心身ともにバランスが戻っていない状態の時、子育てで大変なはずなのに、離婚話をされ不安で眠れない日が続いているのではないでしょうか。私のアドバイスで、あゆたくさんの不安が少しでも取り除かれればと思います。

まず、子供を出産する前に決めた「産後は別居して子育てをする」という話が、産後は「3人一緒に暮らさないなんて信じられない」という話ですが、2人で決めたはずなのに突然言われてさぞ戸惑っていることでしょう。
女性はお腹に赤ちゃんを授かった時に母親という覚悟が出来ますが、男性はなかなか実感がなく、赤ちゃんの顔を見て実感される方が多いように思います。しかも、その時はご主人が転職を考えていた時なので、気持ちのゆとりも無かったのではないかと思います。転職されたのであれば尚更気持ちのゆとりは無かったのではないでしょうか。
修復するためには、このままにしておくのではなく、できれば一日も早く同居することを考えましょう。
すぐには同居が難しいのであれば、お子さんを連れて義理両親に会いに行き、ご無沙汰をして申し訳なく思うこと、嫁として妻として至らぬことがあること、ご主人のことは大事に思っていることなどを、可愛い健気な嫁になり伝え、今後の味方になってもらえるようにしていきましょう。
孫は可愛いものと思いますので、この事をきっかけに、今後も子育ての事でご両親に相談などして頼ることで可愛い嫁となるよう頑張りましょう。

ご主人にも赤ちゃんは日々成長するので、その成長を写メなどで送り、父親としての実感が深まるようにしていきましょう。
また、あゆたくさんのご主人に限ってそのようなことはないと思いますが、女性関係がないかも調べてみることが必要な場合もあります。万が一女性がいる場合も、義理両親に味方になってもらい乗り越えていけるよう頑張りましょう。
あゆたく様ご家族が、1日でも早く幸せになる事を祈っています。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。