岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

罪悪感

ペンネーム:チャーリーさんのお話

私は1歳と3歳の子供を持つ父親です。妻と共に海外に引っ越してきたのですが、妻は元々この国で暮らしていた経験もあり仕事が見つかり安定しているのですが、私は仕事が全然見つからず、このまま無職でいるのが耐えられずすぐに日本に戻りたいと考えています。
幸い日本の元の職場からも帰ってきてほしいと言われています。ただ妻が日本に帰るなら離婚して子供たちは絶対に渡さないと言い張っています。そこで妻が仕事中に置手紙をして子供たちを連れて日本に帰ろうと思っているのですが、妻の事は人としては嫌いではないので妻の顔を見るたびに罪悪感に見舞われます。どうしたらいいのでしょうか?

<カウンセラーからの回答>

ご家族で海外にお引越しされたものの、なかなかお仕事が見つからず無職の状態が続いているとのこと、先行きが見えず心情的に辛いお気持ちになるのはよく分かります。奥様だけが安定しているという現状に不安になったり焦燥感が湧いてくるでしょう。そんな時に日本の元の職場からお誘いがあれば、今すぐ帰国したいという衝動に駆られるもの無理はないことと思います。
お子さんを連れて日本に帰りたいお気持ちもよくわかりますが、ハーグ条約というものがありますのでおすすめできません。
ご夫婦で話し合っても感情的になりよい話し合いはできないと思いますので、冷静に話ができるようどなたかに入っていただいてはいかがでしょうか。
奥さんはあなたの不安なお気持ちなどがよく理解できていないのかもしれません。そんなことを第三者にしっかり伝えてもらえば、奥さんもあなたの気持ちを理解でき協力して前向きに仕事探しができるようになるかもしれません。
新天地で家族そろって頑張ろうと日本を発ったのでから、すぐに結果を求めず長いスパンで考えてみてはいかがでしょうか。奥様は幸運にも安定した職を得ているのですから、あなたは焦らず根気よく求職しながら、まだまだお小さいお子さん達の世話し、現地に慣れてゆくという理想的な状況なのです。かわいい盛りのお子さん達との時間がたっぷり持てるなんてとても幸せな事とおもえればよいですね。家族で協力し合い、今できる事を楽しみながら精一杯頑張っていれば、いずれ必ずお仕事は見つかるでしょう。
頑張って下さい!応援しています。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。