TOP > 岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談 >離婚した方がいいでしょうか?

岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

離婚した方がいいでしょうか?

ペンネーム:Cさんのお話

妻が出産の為の里帰りしてから帰ってきません。帰宅前日に帰らないといわれ、少し前にもう一緒に暮らせませんと言われました。精神的に起伏が激しく、今まで妻からのモラハラ的な言動に耐え仕事も家事もやってました。現在マイホームの建設中でもあり、子どももできたということでずっと耐えてきました。しかし、状況的にもう戻ってくることは厳しいです。
理由としては、私は親に頼らず自分でなんとかするという性格なのに対し、妻は親に金銭的にすべて頼ってきたため、今の稼ぎでは将来やっていけないといいます。最近は容姿的なことから性格まですべてを馬鹿にされ精神的にもかなり参っています。子どもにも会わせてもらえません。家は処分すると言っていますが、まもなく完成する為、私がローンを払っていきたいと思っています。妻の希望でオプション等つけたので金額が当初より増え、ローンが通るか不安ですが。
貯金もすべてマイホーム建築等に使ってきたので、私の口座にはほとんどないです。妻の方がまとまったお金は持っています。妻から離婚は切り出してきませんが(世間体を気にして)一緒に暮らす気はないということなので、考えなくてはいけないのかなと思います。
家のこともありますので、とれれば慰謝料や難しいかもしれませんが親権をとりたいと思います。祝ってくれた親族や友達のことを考えると離婚しない少しの希望にかけたい気持ちもありますが、気分が変わって戻ってきてもいつまで耐えれるかわかりません。弁護士の方を雇い争ったら完全に離婚に向かうと思います。どうしたらよいでしょうか?争った場合慰謝料はもらえるでしょうか?

<カウンセラーからの回答>

お子さんが産まれ、これから三人で家族として幸せになれるという時に奥様とお子さんがが戻って来られないのはもうすぐ完成する家を前にさぞ途方にくれていることでしょう。どうしてよいか分からないお気持ちよくわかります。
モラハラのような奥様の数々の言動に対し家事もこなしずっと耐えてよく頑張ってきましたね!そして家柄、年収のことまで言われさぞお辛かったことでしょう。最近ではご主人の容姿や性格にまで言動が及んでいるということですが、新婚のときはご夫婦の関係はそんなことはなかったと思いますが、もしかしたら、ご主人がお仕事で忙しく寂しいおもいをされたり妊娠中の体調の辛さや気持ちをご主人にわかってほしくてでもなかなかわかってくれずに八つ当たりをしてしまったのかもしれません。
奥さんはもっと寄り添ってほしかったのに、ご主人は家事などをこなせばよいと思って頑張ってきたのでしょう。奥さんと二人だけで話していても気持ちは伝わらないかもしれませんので、奥さんのご両親に会い、妻を大切に思っていること、今までは至らぬことがあったこと(決してそのようなことはないのですが味方になってもらうためには言い訳めいたことは言わないほうがよいのです)、今後は更に奥さんを大事にしていくと修復できるよう味方になってもらえるように、誠意を示してお話ししましょう。それでも修復が難しいようなら、離婚を考えても遅くないでしょう。
産まれたばかりのお子さんのためにも一家の大黒柱として家族を守るという強い気持ちで頑張りましょう。ご主人にとって、最善の道がひらかれることを心から祈ってます。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。