TOP > 岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談 >妻と家庭内別居中だが関係を修復したい

岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

妻と家庭内別居中だが関係を修復したい

ペンネーム:Tさんのお話

妻から離婚したいと言われ、現在家庭内別居中です。私は何とか関係を修復しいと思っています。 様子がおかしいと感じたのは半年位前です。 中学生の子どもと妻が喧嘩になりましたが止めに入りませんでした。妻が直ぐ手をあげるので、これまでは止めに入っていたのですが、かえって怒り出して大変なことになるので、あえて止めにはいりませんでした。この後、妻は一人でリビングで寝るようになり、話しかけても無視されることが増えました。
その後、同じ事がまた起こり妻と子どもの間に入って制止したのですが、私の対応の仕方が気に入らなくて家を出ていってしまいました。実家にいたようですがこちらから電話しても返事はなく、たまに子どものためにご飯を作りに来ているようでした。1週間ぐらいして妻の母の説得で、部屋を分けるなら戻ってもいいと言ってきました。子どもたちとも相談しなんとか条件に合うように妻を迎える準備をしました。
その後、妻からあなたはいい父であり夫であるけど、愛や情がなくなったと言われ、挨拶も無視されるようになりました。市役所の相談窓口に相談していたようで、そちらに行くようにい妻から言われ事実を話しました。その内容がよくなかったようで「もう信用することはできない」と言われ、直接話はしない、ボードに必要事項は書くなど完全な家庭内別居になりました。
妻は切れやすい短気な性格ですが、人に対する愛情が深いと思っています。妻も子供も同じぐらい好きなので、私にできることであれば何でもするので、なんとか修復できる方法がないかと悩んでいます。

<カウンセラーからの回答>

何とか修復する方法を模索している中でこの状況はどんなにお辛いことでしょう。あなたの一生懸命なお気持ちがとても良くわかります。奥さんのおっしゃる通り、お子さんの面倒をよく見るよき父親、大黒柱として家を支え家事も手伝う良き夫なのでしょう。そうならば、なぜ離婚なのか、離婚したいと理由がわすれたような過去の言動や行動の場合、過去の事例からちがう理由でということが多々ありました。あなたには大変お辛いことを申し上げますことをお許しください。
もしかしたら、奥さんにはどなたか気になる方がいるかもしれません。女性は子供のことや家事などをしてくれるより、もっと私の気持ちをわかってほしい、大事にしてほしいと思う方がいるのです。あなたにしてみれば、こんなに一生懸命頑張っているのは家族のためと思えばこそだと思いますが、妻は夫から子供の母親としてではなく、も、っと女性として見て接してほしいと思っていたけれど、なかなか言えずにいたところ、男性と知り合ったということがあるのです。それは決して奥さんが悪いのではなく、そんなときに近づいてきた男性は避けられない交通事故のようなものなのです。ただし、絶対と言うわけではありませんので、過去半年から1年前のことで、奥さんに今までと何か変わったことが なかったか思い出してみましょう。服装が変わった、夜でかけることが多くなった、いつも携帯を気にしている、などです。ですが、今は決して奥さんを問い詰めたり、責めたり、否定せずに今まで以上に笑顔で穏やかにすごしてください。
奥さんの攻撃的な言動に心が折れそうになる事かと思いますが、修復を目指すあなたの今できることは、奥様の気持ちを真摯に受け止め、奥様の気持ちに寄り添って振る舞うことだとです。そして出来れば奥様のお母様には味方になって頂けるように今までの反省の気持ちを伝えていきましょう。
新しい夫婦関係を築いていかれるよう修復に向けて今はやれるだけの事をやってみましょう。距離を置いて見守る事も愛情です。修復は想像以上に大変なことですが、家族を守ると言う強い気持ちをもって、頑張りましょう。応援しています。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。