離婚をしたい方

離婚を決めた方へ

何らかの理由(浮気・合い入れない価値観や性の不一致、親族とのありあい、暴力、DV、モラハラ、etc)でどうしても離婚したくなることって人間ですからありますよね。 私たちカウンターは、結婚生活を続けることがベストだと思ってはいません。 人ぞれぞれ幸せの感覚や定義が違うからこそ、その人その人の”幸せ”のための離婚を導くことそれも私たちの使命と思ってます。

逆風に立ち向かう覚悟と、援助に素直に甘える心を。

実は離婚をした翌日からのあなたは大変です。煩雑な手続きに追われて、後悔する人もいるのです。
これなら我慢して夫婦生活を続けていた方がよかったかもと思うこともあるのです…
あなたを待っている世間からの冷たい偏見、双方の親類を巻き込んだもめごと、誹謗、中傷。
子供はひとり親になり、養育費や面接交渉の問題が発生し、必ずしもきちんととどこりなく遂行されるとも限りません。

ざっとあげたこれらの問題に、あなた自身がすべて立ち向かわなくてはなりません。
厳しい言い方かもしれませんが、離婚を望む方はまず、その覚悟をしてください。この覚悟ができなければ、離婚をしてもさらに傷つき、周囲を恨んだりするだけです。

親、兄弟、友人、知人、そして公的な援助。こうして差し伸べられた手には意固地にならず素直に甘えましょう。 それでなくても失ったものが大きいのですから、得られるものはど受け入れていいのです。

離婚をするとどうしても人との関わり方に自信を失い、 やさしく接する身内や友人を疑ったり甘えまいと気遣ったりしがちですが、そうして無理をして経済的にも肉体的にも疲れて、次なる新しいステージへ進めないことの方があなたの明るい未来にとってマイナスなのです。取り返しのつかないことになる方が ずっと恐ろしいことです。
私は相談者の方にとても厳しいことを言うこともあります。

それは多くの人たちの現実をこの目でみて聞いて、感じてきたからこそ起こるであろう障害を理解して、新しい人生を切り開いていってほしいからなんです。
これまでここで言ってきたようなことを理解し、新しい人生を切り開いていって欲しいからです。

  • 女性の方
  • 男性の方

離婚をする前に、知っておきたい大切な心得と知識を伝授します。

黙っていてはもらえない離婚にまつわるお金

1.慰謝料

婚姻破綻の原因を作った配偶者に対して請求する精神的苦痛への代価。3年間で時効。

2.財産分与

夫婦が結婚中に協力して貯蓄した財産を、離婚した一方の者は、 他方に対して割合に応じて分割、分与するよう請求できる制度。 財産分与の請求は離婚後2年以内にしなければならない。

3.教育費・養育費

親権の有無に関わらず、父母は子の養育費を負担する義務がある。 分担の割合は父母の資産、収入、その他の事情を考慮して決定。 離婚後でも必要に応じて請求できる。

法律に関わることも多いので弁護士に相談することは、大切事項です。しかし離婚に関わる弁護士が増加しつつある現在弁護士選びはとても大切です。

チームベストディボース

離婚をしようと思う時に特に気をつけること

  • 離婚と結論を出すには冷静に考えてから
  • 離婚を決めたのなら、その決断に迷わない
  • 子供がいる場合、離婚条件として、子供の幸せを第一に
  • 冷静に振る舞い、メンタルサポートと法律サポートが必要な場面を分ける

黙っていてはもらえない離婚にまつわるお金

1.慰謝料

婚姻破綻の原因を作った配偶者に対して請求する精神的苦痛への代価。3年間で時効。

2.財産分与

夫婦が結婚中に協力して貯蓄した財産を、離婚した一方の者は、 他方に対して割合に応じて分割、分与するよう請求できる制度。 財産分与の請求は離婚後2年以内にしなければならない。

3.教育費

親権の有無に関わらず、父母は子の養育費を負担する義務がある。 分担の割合は父母の資産、収入、その他の事情を考慮して決定。 離婚後でも必要に応じて請求できる。

事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。