【メール相談】不倫問題

相談内容

結婚、約18年になります。
4年以上、離れて暮らす単身赴任の夫と、子どもが高校と中学に上がるのを機に、来年から一緒に暮らす道を選択し、引っ越しモードになっていた矢先のことでした。

「不倫をしていたが、きっちりと別れている。離婚される覚悟でこの告白をして、もう一度向き合いたい。この告白を聞いて、もし、君が離婚を考えるなら、仕方ないと思っている。引っ越しする前に話しておきたかった。」
と話をされました。
単身赴任の間、空白の時間やつらかった出来事を語り合い、なんとかやり直していく方向では考えています。

ですが、やるせない気持ちが沸き起こっては、静まる、の繰り返しで、わたしの中は全く穏やかではありません。
もし、近い未来、また同じことが起こったら・・・。
それを考えると、現在、働いてはいますが、さらに自立すべく真剣に人生を見直さなくてはならない。そう思っています。

そこで、考えたのは、不貞行為を認め、今後しないという誓約書の記入です。
もちろん、修復する気持ちが大きいですが、未来のことは、わかりませんし、離婚に至ってしまうかもしれない、そのしかるべき時のために必要だと思うのです。
それは、間違っていますでしょうか。

あと、ひとつ気になるのは、
「不倫相手のご主人に呼び出され、近づかない、連絡を取らない等の誓約書を手書きで書いてきた」というのです。
向こうに謝罪し、こちらには謝罪がないのは、おかしいです。
また、その手書きをもとに、何かを請求されることもあるかもしれません。

前を向いて一歩踏み出すために、相手にも誓約書を記入してもらう必要があると考えています。
事実は事実、消えませんが、わたしも今後続ける自信が100%ではないなら、この事実を書面で残す必要があると思います。

ですが、相手の女性には会いたくないのが本音です。
どうすれば、きっちり、きっぱりとすっきりできるのでしょうか。

誓約書もネット上には掲載されていますが、その文面も添削していただく必要があります。
このようなケースは、きっと先生方は見てこられたかと思いますので、アドバイスいただけたら、助かります。
記入していても 湧き上がる感情があり、大変読みにくい文章で申し訳ございません。 宜しくお願いいたします。




アドバイス

色々な想いが入れ替わり、それに翻弄される日々は本当にお辛く、得も言われぬ疲労感を感じていらっしゃることでしょう。お仕事もされてらっしゃいますし、お体の具合は大丈夫ですか?

お二人で話し合われ、なんとかやり直していく方向でお考えとのこと。
色々な想いと向き合いながら暮らしていかなければならいのですから、ある意味、やり直しは厳しいです。
でも、本当に真剣に向き合われ、そちらを導き出されたんですね。

過ちをなかったことに出来ず、全てをお話しになったご主人
それを受け止めて、揺れながらも、修復をえらばれたあなた
お二人とも勇気を持って、真摯に生きていらっしゃると、感じ入りました。

さらに、あなたは今回のことを、ただ辛いという所に留まっていらっしゃらず、『さらに自立すべく真剣に人生を見直さなくてはならない』という所まで考えられたのは、中々できることではありません。多くの方は、この域までは進めません。本当に高い知性と精神性をお持ちなんですね。

とはいえ、あなたのお心の中が穏やかなはずはありません。
疑心暗鬼にもなります。
そういう自分をイヤになる時もあれば、こんな私にしたのは誰!と思う時もあるでしょう。また次があったら、と思うのも当然です。
そこで、一つの安心材料として、修復の為に夫に誓約書を書いてもらうというのは、有りです。
ただ、夫に誓約書を書かし、相手女性に誓約書を書かしても、あなたがきっちり、きっぱりとすっきりすることはないと思います。
あなたがご主人を愛し、信頼されていたぶん、傷つかれたのですから。

でも、大人としてのけじめとして、誓約書という形で責任をとってもらうのは良いと思いますし、もやもやが少しは軽減されるでしょう。
また、ご主人が相手方夫に書いた誓約書の件も、それをもとに何か要求されるのではないかと心配させていらっしゃいますので、まとめてこの様な問題に長けた行政書士など専門家にご相談されるといいかと思います。

一度サロンにいらして面談されてみてはどうでしょう。私どもは豊富な経験事例、そして夫婦問題の知恵、知識、情報を持ち、各種専門のブレーンとの繋がりございますので、このような方向性をお持ちのあなたのお役にたてると思います。

つらいことがあっても、諦めず、また、幸せになればいいのです。
今回、メール相談されたのも、諦めてらっしゃらないことの表れと感じました。
どうぞ頑張ってください。応援しています。

事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ