TOP > 岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談 >どうしたらよいかわからない

岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

どうしたらよいかわからない

ペンネーム:ぷりん さんのお話

はじめまして。主人のことで悩んでいます。
私は43歳専業主婦、主人と9歳の息子の3人家族です。

数年前から主人のDVがひどく悩んでいます。
主人は気が短く、キレるとモノを投げつけたり蹴るなどの暴力をふるい、「死ね」「死んでくれ」「殺してやりたい」などの暴言は日常茶飯事です。
動いている扇風機を投げつけられたこともあります。
現在、家庭内別居状態です。今はまだ息子には暴力は振るいませんが時間の問題だと思います。

仕事柄収入が安定しないため、生活費も不安定です。
数年前には私の口座からネットバンキングを介し、勝手に引き出されたこともありました。
私は約10年前に心臓を患い、日常生活はおくれるものの「身体障碍者1級」です。
その為仕事に就くことはできません。

離婚は何度も考えました。市役所、警察署、法テラス、病院などに相談に行カウンセリングも受けました。
しかし、子供のこと、離婚後の生活・収入源、などどうしたらよいかわからず、「法テラス」の弁護士の方には「針の筵かもしれないがこのままがよい」と言われました。

暴力を振るわれた時に主人の両親に相談しましたがかるくあしらわれ、自分たち(両親)の信仰している宗教の神様にお願いしろとわけのわからないことを言われました。

私の両親にも相談しましたが、実家は田舎なので「世間体が~」と離婚には反対でした。
私の母は継母で私との折り合いもあまりよくないので、私が実家に帰るのは猛反対です。
今は人に貸していますが近くに持ち家はあります。

主人の収入が不安定なので、時々父に経済的援助をお願いしますが主人には勝手に使われるので話しません。

<カウンセラーからの回答>

こんにちは。
お辛い日々の中で、良く頑張って来られましたね。

確かに体調に自信が無い上に九歳のお子様を抱えての離婚は勇気がいると思います。

現在、命に関わる様な危機感が無いのなら、お子様がある程度大きくなるまでと期間を定めて家庭生活を続けるという選択も出来ます。

家庭内別居でも割りきって、家事や子育てに頑張って、来るべき離婚に向けて準備をしていくのです。

目的意識がはっきりすると精神的にタフになります。

その中で少しずつ自分にも出来そうな事、やりがいのある事、出来れば少しでも収入になりそうな事を探したり、社会的に援助がどれくらいしてもらえるのか具体的に調べて下さい。

ただ、ご主人の暴力が数年前から、という事なら何かきっかけがあったのではないでしょうか。
例えば、妻に悪気は無くても男性にとって収入や学歴の事でプライドを傷つけられるのはとても辛いものです。
ご主人の場合、何がストレスで暴力のきっかけになっているのかを冷静に見極めて、そこを刺激しない様に言動に気を配る事で暴力を回避できる可能性もあるので良く考えてみましょう。

幸せな未来に向けて一歩踏み出せる様に、応援しています。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。