TOP > 岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談 >夫が怖くて離婚話が進まない

岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

夫が怖くて離婚話が進まない

ペンネーム:Sさんのお話

結婚当初から上手く行かなかったものの、早くに出産し戻る実家もなく離婚を決意出来ずに時間だけが経ってしまいました。夫はいつも私にイライラしていて、「(私の名前)はいつもああだこうだ」と深夜まで延々と批判をし続けます。話し合いが恐怖で、徐々に夫を避けるようになりました。夫は数年前に仕事を辞め、現在は毎日家にいます。生活費は半分づつにするということで、彼が毎月精算し、私は彼に言われた金額を支払っています。住宅は1/2ずつでローンは半年前に繰上完済。数か月前に彼に離婚したいと話し、わかったと言われました。子ども達にはまだ話していません。子どもたちは毎日家にいる父親と仲が良く、犬も飼い始めたこともあり、私は一人で家を出るしかないのかと悶々と悩んでいます。話し合いは離婚したいと話してからも、夫が怖くて進んでいません。

<カウンセラーからの回答>

長い年月、ご主人からの批判によく耐えて頑張ってきましたね。ご主人の退職後、家に居る時間も長くなった事でM様が本気で離婚を考えるお気持ちよくわかります。やっとの思いで離婚をご主人に伝えてわかったと返事があってから、ご主人が怖くて話が進めないでいるようですが、もしかしたらご主人は本当は離婚はしたくないのかもしれません。いままであなたにいろいろ言ってきたのは、気持ちをわかってほしいがゆえだったのかもしせません。
結婚してすぐに子育てがはじまり、目が回るほど忙しくしてらしたと思います。でもご主人はそんなことわからず、どうしてもっと僕を優先しないんだと思っていたのかもしれません。あなたとしたら、本当に一生懸命家事育児と頑張っているのに、夫こそもっと協力的にしてほしいと思ったことでしょう。ご主人は、気持ちを素直に言えなくて文句や批判ばかりになってしまったのかもしれません。そんなことからボタンをかけ違ってきてしまったのかもしれません。
お子さんたちと仲の良いご主人ですから、どなたか第三者例えばご主人に影響力のある方などにご夫婦の中に入ってもらって話し合っていくことができればご夫婦の誤解がとけるかもしれません。
それでも、改善されない場合にはお子さんたちにも相談し、離婚、或いは別居など、ご主人と離れる決断しても遅くはないと思います。お子さんのためにも、やれるだけの事はやってみましょう。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。