TOP > 岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談 >家庭内別居で心が折れそうです

岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

家庭内別居で心が折れそうです

ペンネーム:Iさんのお話

結婚してあと数年で20年を目前にして離婚の危機です。子供は2人です。現状は家庭内別居中で子供は完全に嫁側についており、挨拶しても無視され、食事も別々にとる日々です。まず家を出ていくように3人から強く言われましたが、皆といっしょにいたいという理由から出て行く事を拒否しております。
何故このような事態になったかというはっきりとした理由は「日々の私の行動や言動、子供への無関心さに愛想を尽かした」という事であります。私は嫁のお義父さんが経営する会社に入社するのをきっかけに引っ越しをし結婚生活を始めました。しかし去年お義父さんとウマが合わず喧嘩別れをして退社、この頃普段より嫁に強く当たる事もしばしばありました。この頃から嫁とは別々で寝るようになり、セックスレスが始まりました。完全なセックスレスという事では無く、頼んでなくなくさせてもらえるという感じでした。嫁は私よりも学業や部活に励む子供の方に重点を置いてしまい、ご飯も私の事はさておきまず子供の量を作る、私は酒に走るという流れになっていき。暴力とまではいきませんでしたが、寂しさのあまり心無いひどい事を言ってしまったり、覚悟もないのに別れ話を切り出し彼女を傷つけました。そして嫁の方からこの苦しさから解放して欲しいと言われております。私は改心をし努力して家族としてやり直す事が希望です。

<カウンセラーからの回答>

奥様のお義父さまが経営される会社で長い間お仕事一生懸命頑張ってこられたにもかかわらずお義父さまと折り合いが悪くなり喧嘩別れ状態で退社されたのですね。知らない土地で仕事第一に頑張ってこられ退社をきっかけにご家族と溝が深くなり、感情の勢いから思ってもない別れ話や、心無い事を奥様に口にしてしまったとのことですが、Iさんの文面からは憤り、寂しさ、悲しさ、いらだち、ストレスなど、どうしようもない心の苦しさがひしひしと伝わってきます。そして、この現状への後悔も感じます。家族の中で孤立してしまっていることはとてもお辛いことでしょう。読んでいて胸が苦しくなります。
Iさんは家族としてやり直しをしたいということですが、奥様は解放されたいとありますね。Iさんは家族のために一生懸命仕事をされてきた一方で奥様も必死に家庭を、お子さんたちを守ってこられたのでしょう。奥様としては、そばでIさんに支えて欲しかったり相談したかったこと、話を聞いて欲しかったこと、子どもたちとの時間をもってほしかったりしたことでしょう。
ただあなたは気持ちを素直に伝えらずに、でもきっとわかってくれるだろうと思っていたのでしょう。今こそ、奥様の今までの時間を振り返り、奥様の頑張りを認め、感謝を伝え奥様に寄り添うことができなかったことに謝罪しましょう。夫として、父親としてプライドがあるでしょう。ですが、ここは本当に家族崩壊の崖っぷちです。見栄もプライドも捨てて何より感謝や、謝罪の気持ち、どれだけIさんにとって家族が大切か、手紙でもよいので奥様やお子さんたちに伝えましょう。
Iさんが本気で家族を取り戻したいのであれば、新たな仕事について家族を安心させてあげましょう。手紙にこれから気をつけるなどの言葉だけではなく、まずは実行してこそだと思います。厳しいかもしれませんが、口先だけでは奥様の心は動かないかもしれません。
そして、できれば時間をかけてでもお義父さまとの関係が解消されていくと奥様も安心されるのではないでしょうか。これからは、しばらくは辛い状態が続くかもしれませんが、気持ちを切り替えて焦らず感情に流されず、感謝の気持ちをもってご家族と向き合ってみてください。
また家族団らんの日が来ることを心から応援しています!

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。