岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

家に依存する妻

高木さやかさん(30歳)は大学卒業後に就職した建築関係の会社で、5歳年上の弘一さん(35歳)と出会い、社内恋愛の末、結婚しました。 
夫の弘一さんの話によると、さやかさんの実家依存は結婚してまもなく始まったそうです。 

さやかさんが、朝、弘一さんが出かける間際に「今日、ちょっと実家に行ってくるね」と軽く告げるので、弘一さんは会社に行っている間に、ちょっと顔を出してくるだけだろう・・・と思い、「気をつけて。義母さんによろしく」と出社します。 
夕方、そろそろ帰宅しようと考える頃、「今日は実家に泊まります。夕飯は外で済ませて下さい!」というさやかさんからのメールが届くことになります。 

こんなことが、新婚のころから2週間に一度くらいありました。 
実家に帰るたびに泊まってはいましたが、一泊すると戻ってきていました。 

ところが、出産を境に状況はかわりました。 
出産のためと実家に帰ってから、戻ってきたのはなんと3カ月後でした。 
そして、やっと戻ったと思ったら、2~3日おきに赤ちゃんを連れて実家に帰ってしまう。 
そして、一旦帰ると、2~3日は帰って来ない・・・ 
そのうちに1週間くらい戻って来なくなり、一か月のうち実家に居る日数のほうが長くなりました。 

その上、夫のためのごはんの用意もしないのに、渡した給料のほとんどをさやかさんが使いきってしまいます。 
「実家にばかりいて、家のことは何もしないというのはやめてくれないか? 
実家に帰る回数を減らしてほしい。それから家計簿をつけて見せてくれ。 
節約して、貯金に回すように工夫できないなら、お金の管理は僕がする」 
ついに、夫は話し合わなければ・・・と決意して切り出しました。 
ところが、妻は強い口調で 
「実家に帰って何がいけないの?あなたは忙しくて子どもの面倒をみてくれないけど、 
実家ではおじいちゃんもおばあちゃんも妹も、みんなで相手をしてくれる。 
可愛がってもらったほうが、子どものためにもいいでしょ?」 

「年金暮らしの親と働き盛りのオレを比べるほうがどうかしてる。働いてるんだから、面倒がみたくたって、みられっこないだろ!」という夫に「もう、いい!実家に帰るから」とケンカ腰で出て行った妻。

1か月もすれば戻ってくる、と夫が待っていた矢先、家庭裁判所から封書が届きました。 
驚いたことに実家に戻った妻は、すぐに離婚調停を申し立てていたのです。 
実家に駆けつけても、妻の親が出てきて会わせてくれない。 
「二度と会いたくない」という娘の言いなりだったのです。 

妻のさやかさんには、結婚して所帯を持つことの意味がわかっておらず、妻となり母となることの責任や意識がまったくなかったのです。 
自分の立場をわきまえず、まだ実家の親の「娘」であるつもりなのです。 
精神的にまだ自立(親離れ)できていません。 
親のほうもかわいい娘が嫁いでしまったことを受け止められずに、子離れできずに、甘やかしてばかりいる。 

結局、さやかさんと弘一さん夫婦は数回の調停を経て、離婚が成立してしまいました。 

娘も娘なら、親も親なのです。 
今、こうした妻の実家依存がとても増えています。 
母親に恋愛相談までしているような「一卵性母娘」は、要注意! 
夫の愚痴をこぼしに実家に入り浸っている妻は、とても多いのです。 
重症ならば、離婚にまで至ってしまいます。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。