【メール相談】うつ病夫と別居し離婚したい

相談内容

10年前、夫がうつ病と診断されました。それ以来、夫はほとんど職につくことはありませんでした。
当時、小学3年生の子どもがいて、この家族3人の生活の為、私が働き始めました。
今年私は定年退職を迎えます。これまでの夫を支えてきたストレス、夫がこの先治るとはとても思えないこと、自分の人生を考えた時、もう一緒にやっていけない、別居したいと考えました。
これまで何回も離婚いという話はしてきました。しかし、そのたび、色々な方法で、出ていけなくします。
定年を前にこの先の人生を考えると絶望感しかなく、今回こそ、別居すると固く決心し、引っ越し業者にもう発注しました。
夫は、話し合いをしたくても黙ってしまいます。
今後、夫にどのように、このことを話していけばいいか、アドバイスお願いいたします。


アドバイス

今までご家族の生活維持のため必死に頑張ってきたのですね。
この10年の間には、ご主人をかばったり、慰めたり、父親として立ち直ってほしいと励ましたりしてきたのではないでしょうか。

定年退職を機にこの先の人生を見つめ直した時、人生に絶望を感じたことは無理のないことだと思います。
『やれるだけのことを精一杯やってきた』『常にご自分のことは横に置いてきた』という現実と、家族みんなで支え合おうと頑張ったけれど、どうしても事態が改善しなかった事今回の結論を導き出したのかもしれません。
妻の立場だけで夫をみると、別居することはもっとものだと思います。

もしも、頼れるご実家があるのであれば、ご主人を親御さんに引き取ってもらうなど、第三者の協力も得て生活環境をきちんと整える事が、今までのことで精魂尽き果てギリギリの状態から抜け出すには必要だと思います。

あるいは、「見捨てるわけではない。このままでは、共倒れになってしまう。だからお互いに環境を変えるべきではないか。それが今生きていくために必要なことだと思う」
というお気持ちを伝えるのもよいかと思います。

このように重大なことは、中々微妙で難しいので、お一人で抱え込まれない方がよいかと思います。経験豊富なプロと共に、これからの人生の一大事に必要な、的確なアドバイスを得ながら進めていくのも一つです。

私共は、これからの人生の幸せを心より願っています。

事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ