【メール相談】夫がアパートを借り次男とともに出てしまいました

相談内容

私の次男に対する態度が悪く、6年前の受験時から徐々に無視されるようになり、私と次男の関係は悪化し、夫は助けてくれないまま話し合いもなく一方的に、やっていけない、離婚だ、出ていけ、出ていくとなりました。
7月、夫がアパートを借りてしまい、長男とともに2回阻止しましたが3週間前出て行きました。次男は私を嫌っています。
父の庇護をよすがに、警察や児相まで大人を利用して、これみよがしに学校に行かない次男のことを最後まで罵倒してしまいました。助けを求めた夫実家からは、相当に嫌われ、電話にでてくれなくなりました。
近所からは白い目で見られています。
家賃だけ出してやると生活費も打ち切られ、必死で物件を探しています。
現在の家は広くて駅近ですが、いわくつきで、家族は離散します。
何人もの人に同じことを言われましたが、本当にこういう状態にならなければ本気で引っ越そうという気持ちにはなれませんでした。
私の人格を完全に嫌い、正しいことを言うが言い方悪くクレーマーだと言われました。もうとても耐えられないので、私もいい分はあるけれど平謝りのメールをだしましたが、二度と話したくないと言われました。
占い師にも相談窓口でも、別れて自活するよう言われました。
長男は一緒にいてくれますが、つい嫌な物言いをしています。
次男と同じく、私対して良い感情をもっていないでしょうが、 理性で調整してくれる子です。家の中の膨大な私物をまとめて捨てに行くのは大変なことで、途方に暮れています。
夫は自分の趣味のものまで長い時間かけて着々と捨てて、アパートで暮らす大学生のように身軽になり、いつでも出ていける状態でした。
私は過去の荷物が捨てられず、しばられ、夫に指摘されたこともありましたが片付けしようという発想にいたりませんでした。
次男との確執で毎日疲れ果て、週2日の仕事ですが翌日は使い物になりませんでした。寝られる時間はほとんど寝て過ごしてきました。
もう壊滅的だと思いますが、救済される余地はありますか。こんなにひどい話でも、手立てがもしあるのであれば、お願いしたいです。長文失礼いたしました。



アドバイス

夫と子供との確執に、誰も助け舟を出してくれず、とても辛かったことでしょう。
辛い気持ちを抑えられず、子供たちにきつい態度をしてしまったのでしょうね。

あなたの問題は夫と長男が出て行ってしまったことと、次男との確執、早く家を出るために次に住む家を探しているが、荷物が片付けられない状況、夫、家族との修復を考えているが、どうしたらよいか分からず悩んでいる、ということですね。

まず確認いたします。あなたは鬱とのことですが、病院には行かれているのでしょうか。
メールからでは、書かれている内容以上のことが不明ですので、的確なアドバイスが難しい状況ではありますが、ある程度の推測でアドバイスさせていただきたいと思います。

もし病院に行かれていないようでしたら、きちんと通院をされ薬の服用をおすすめします。
もちろん通院はされており、薬もきちんと飲んでいるという事でしたら安心ですが、鬱は時間がかかる病気ですので、焦らずお付き合いして行くことがよろしいかと思います。
全てにおいて鬱を理由にし、何もしないということもあまりよくないと思いますので、あなたのできる事をできる範囲でやること、やってみることが良いのではないかと思います。

荷物が片付けられないことでご自身を責めるより、病院の先生に相談してみたり、心理カウンセラーに相談してみたり、当サロンに来ていただきご相談をしていただくなど、色々な専門家にできることを見つけてもらうことも良いのではないかと思います。
相談した上で「できること」「できないこと」をご自身で理解し、その中のできることから始めてみたらどうでしょうか。

気分転換に家を出て、話をしにいらっしゃいませんか。
鬱ですと外出する勇気がなかなか持てないのもわかりますが、今こうやってメールをくださったのは、何とかしたい、想いがつのったからではないかと思います。
その思いがあるのであれば、是非カウンセリングを受けに来てみませんか。

メールに、
「私の次男に対する態度が悪く」
「これみよがしに学校に行かない次男のことを最後まで罵倒してしまいました」
「長男は一緒にいてくれますが、つい嫌な物言いをしています」
こんな内容が書かれていました。
あなたはご自身でも子供にひどい態度を取ってしまっている自覚がおありでいらっしゃいます。
自分の言い方が悪いと反省する気持ちを持てるなんて、とても素晴らしいことだと思います。

ただ、どう伝えていいのか分からないし、自分でも止められなくなってしまうのでしょうね。

そんなあなたも辛いでしょうけど、母親に罵倒される息子さんも辛いのではないでしょうか。
少し想像してみて下さい。
嫌な言い方をしてしまう側のあなたももちろん辛いと思いますが、言われた息子さんもきっと同じくらいに辛いと思いませんか。
大好きな母親に理解してもらえない辛さ、優しくされたいのに冷たく罵倒される辛さ。。 どうでしょう?

本来、息子というものは母親が大好きなんです。
しかし、今の息子さんとの関係性は、残念ながらとてもそのようには感じられません。
きっとその感情を上回るほどの苦しみ、悲しみをあなたが与えてしまったのだと思います。
大好きだからこそ辛い、辛いから当たる、そんな状況を作ってしまったのではないでしょうか。

人間、多かれ少なかれ皆悩みは持っていますし、大なり小なり辛さと戦っていると思います。
実際に比べているわけではないので誰が一番辛いかなどわからないですが、辛さを表に出している人が一番辛いわけでもないと思います。
学校に行かれなかった息子さんにも恐らく何か行かれない理由があり、それを本当はお母さんに分かって欲しかったのかもしれないけれど、うまく言葉や態度にして伝えられなかったのかもしれません。

今のあなたと同じです。
どう伝えていいのか分からないし、自分でも止められなくなってしまったのでしょう。

あなたはご自身の辛い気持ちを誰かに理解して欲しかったのでしょうけれど、その相手は息子さんではなく、本当は夫だったのかもしれませんね。
しかし、夫は分かってくれず、分かろうともしてくれなかった。
その辛い気持ちを誰かに理解して欲しくて、以前は優しかった息子さんたちにぶつけてしまったのかもしれないですね。

自分の気持ちだけ押し付けても、誰も理解しようとは思わないでしょう。
自分が辛くて苦しいからこそ、その苦しみが分かるからこそ、他人に優しくできるのではないでしょうか。
自分が誰かに理解されたいからこそ、まず他人を理解しようと思うのではないでしょうか。

自分の気持ちを理解して欲しいのであれば、相手の気持ちをまず理解しないと相手も理解してくれません。
神様ではなく私たちは人間です。
あなただけの状況や気持ちを理解することなど有り得ないのです。

この全ての出来事を鬱のせいにしてしまうこともできますが、それでは今までと何も変わりません。
きっと状況は同じままです。
病気でも変わろうとしているあなたを見たり、感じたりすることで、相手もきっと何かを感じることがあるのではないかと私は思います。

今まで誰かが優しく手を差し伸べてくれていたのなら、あなたもきっと救われ、夫や息子さんたちに優しくなれたのかもしれませんね。
でも今は四方を壁に囲まれてしまった状態。
誰も手を差し伸べてくれないし、誰も理解してくれないところまで行ってしまいました。 残念ながらご自身でそこまで追い込んでしまったのです。
まずはそこから抜け出すために、周りに理解してもらうために、少しずつあなたが変わって行く。
そして変わったあなたを見てもらいませんか。

ここまで状況が悪化してしまっているので、すぐに解決とはいかないと思いますが、じっくりと時間を掛け、あなたも変わり、状況を変えて行き、夫とは無理だったとしても、息子さんたちとは良い関係になれるように歩んでみませんか?

これだけ辛い思いをしているあなたなら、誰よりも辛さがわかるはずです。
本当は誰よりも優しくなれるはずだと私は思っております。
一歩ずつ前へ歩んでみましょう。

せっかく救済を求めてくださっているのに大変申し訳ないのですが、あなたのメールからは詳細が不明な部分があり、メールですとどうしても的確なアドバイスは難しくなってしまいます。
一度直接お話を聞きながらご相談させていただければと思っております。サロンにはベテランのカウンセラーもおり、お力になれると思います。是非ご検討下さい。
私どもはいつでも味方でございます。どんな状況でも応援しております。

事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ