【メール相談】妻に突然離婚を宣告されました。

相談内容

私43歳、妻40歳。結婚10年目、子供はいません。
10日ほど前、妻から離婚の宣告を受けました。
前日は義父の一周忌で二人で妻の実家へ帰っており、その帰りに伝えられました。
その後、普通に会話もしていましたが、妻の気持ちは固まっているのだと感じ取ることはできました。

数日後、私の方から離婚をしたくないこと、至らないところは直していくことを妻に伝え、さらに、何が原因なのかを聞きましました。
しかし、妻は答えてくれず、ただ「もう決めたことだから」としか言いませんでした。

さらに数日後、再度ちゃんと話をしようと持ちかけました。
妻は、「不満を伝えることはとても長く悩んで苦しんで考えてきたことで、それを今また言葉にすることは苦しみでしかない」と言われました。
妻が言った離婚理由は、おおむね、セックスレスと性格、価値観の不一致でした。

昨日、妻は離婚届を取りに行き、LINEで住宅ローンなどの連帯保証人の状況を教えて欲しいと言ってきました。
私は離婚したくないです。
妻のことも愛しており、これからも一緒に夫婦として生きていきたいと強く思っています。
しかし、妻にやり直すという考えはなく、また私もただやり直すだけでは何も変わらず妻が抱えている悩み・葛藤・苦しみは解決しないと思っています。
ですが、どうすれば、離婚を回避してお互いが夫婦としての関係を再構築し再スタートをきれるのかわからない状態です。
離婚の話がでてから、睡眠・食事共にほとんど取れず仕事にも集中することができず苦しい状況です。でも、妻はもっと苦しいはずです。
アドバスよろしくお願いします。


アドバイス

この度は、不安や戸惑いのうずまいている中、勇気を出してお問い合わせくださったことと思います。誠にありがとうございます。

妻から離婚の宣告があったのですね。
妻は40歳という節目に、これからの人生を改めて考えたのでしょう。
そしてそこには、お父様の死が影響しているのかもしれませんね。

ではどうすれば、離婚を回避してお互いが夫婦としての関係を再構築し再スタートをきれるのか?

貴方様は、ご自分が辛くて苦しい状況の中でも『妻はもっと苦しいはずだ』と思える優しい方です。その優しさは十分伝わったからこそセックスレスの中で10年間も夫婦として続いてきたと思います。

しかし妻は、父親の死をきっかけに、自分が生きてることの価値について深く考えているのではないでしょうか。
「不満を伝えることはとても長く悩んで苦しんで考えてきたことで、それを今また言葉にすることは苦しみでしかない」と言っているのは、妻の最後の心からの叫びです。
「いつもありがとう」「二人で頑張っていこうね」の言葉と同じくらい、セックスという行為に、夫婦の精神的な安心感という大きな意味がある中、不安な絶望の日々を送っていたはずです。

今、まずしなくてはいけないことは、奥様に、『僕にとって君はとても大切で、なくてはならない、価値ある女性だ』と本気で伝え、わかっていただくことです。

愛する妻の将来のためにも心から修復を希望するのであれば、〈一度原点に立ちかえり、これからのことを冷静に考え自分自身が変わろう〉とする覚悟を持つこと。
そして今まで自分だけではなく、妻も精神的肉体的にも辛かった生活を、もう一度二人で頑張りたいと伝えること。
そのために手紙を送ったり、あなたの気持ちを上手に伝えたりして、少しずつ修復したいお気持ちをわかってもらうことが大切ではないでしょうか。

メールを拝見し、とても誠実なお人柄であること、伝わってきました。その一方で、女性に対して、不器用なのでは、とも感じました。お一人で取り組むのは厳しいようでしたら、私たちのような専門家と一緒にやっていく、というもの一つの手段かと思います。
悔いの残らないよう、どうぞ頑張ってくださいね。

事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ