【メール相談】妻より離婚を迫られているが関係修復を図りたい

相談内容

33歳同い年の夫婦です。妻より離婚を迫られております。
2 年半ほど前浮気をし、妻より問いただされ認めております。
その後、つい先日ですが、本当は会社内の後輩との飲み会があり、女性も参加することがわかっていたので、大学時代の友人と飲み会に行くと嘘をつきました。そのことが、探偵を付けられていて妻のしるところとなり、一気に離婚をするという話に進んでおります。
妻は、
『今回のことはきっかけに過ぎず、前回の浮気のことがずっとひっかかっていた。浮気相手については連絡先を消しており連絡が取れなくしているようだが、浮気相手と私(妻)を会わすこともせず、親にも言わず、うやむやにして、誠実ではないと思った。疑わしい飲み会などはいくつかあった。お金についても沢山使いすぎなのではないかと思う。そういう人であれば 33 歳にもなるので継続は難しい。』
と言い、捺印済みの離婚届と、慰謝料200万円の誓約書も用意され、共に私の署名・捺印を求められております。

私としては関係修復を希望しています。
妻側の言っていることも理解し、受け入れます。
きちんと謝罪をし、 約束事項など作ってでも元の生活に戻りたいと思っております。
ただ、妻に私の意志を伝えても現状は頑なに拒絶をされるような状況です。
どのような対応を取れば良いのか判断が出来なくなっております。よろしくお願いします。


アドバイス

離婚を迫られていてお辛い日々だと思います。
離婚に向けての意思が固い妻に、これからどのような対応をする事が修復に繋がるのかと悩むお気持ちもお察し致します。

2年半前に浮気発覚してから今までの間に、奥様が一番望んでいたのは、夫への信頼回復だったのではなかったでしょうか。
この間、どのように過ごしてこられたのでしょうか?
奥様も辛いながらも、その時は修復を望まれたわけです。
でも、傷ついた気持ちは、早々簡単に癒すことが出来ないでしょうから、時には貴方様にきつく当たられる事もあったかもしれません。
それでも、正面から向き合って、互いに互いを支え合っていく、ということを積み重ねるしかないのではないかと思います。

奥様はなぜ今回、費用もかかる探偵に調査を依頼したのでしょうか。
何の疑いも持たずにそんなことをするということは、考えにくいですね。
奥様はこの結婚に対する自分自身の気持ちに決着をつけるために『これが最後』と思い切って行動したのかもしれません。

奥様がこのような行動にでて、最終結論を出されている今、一体何ができるか、ですが。
奥様の怒りの矛先が、女性関係のことだけでないわけですから、
「浮気の謝罪やこれからの約束事」を伝えるだけでは解決しないのではないでしょうか。

まず、修復する覚悟と決意を持ち、絶対にぶれずに原点に立ち返り考え、行動することです。
それには、奥様、両家のご両親を前に、誠意を持って、前回の浮気の事から今日までのことを、一切言い訳せず全て話し、謝罪をする。そしてもう一度、修復したいという真摯なあなたの気持ちを伝え、最後のチャンスをもらえないか、とお願いすることから始めなくてはならないと思います。

修復は、本当にたいへんです。心が折れそうになること、もういいか、と諦めたくなる時もあるかもしれません。でも、それだけに、修復できたご夫婦は特別の絆、愛で結ばれるのだと思います。
どうぞくじけることなく、是非、頑張ってください。



事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ