【メール相談】姑とうまくいかず夫が怒る

相談内容

姑との関係が上手くいかず、離婚した方がいいのか、修復可能なのか、悩んでいます。
夫、私ともに30歳。息子が1歳です。義実家は車で1時間位ところです。
妊娠・出産の頃から姑の過干渉で不眠、胃痛、過呼吸の症状がでるようになりました。
夫は、自分の実家と家族でわいわい楽しく過ごすことを望んでいて2ヶ月に1~2回、実家に行きます。
姑もよかれと思ってしていることばかりだと思っています。
しかし、私は、姑と会うとなると憂鬱になり、胃痛、過呼吸の症状がででしまい、ニコニコしていないと夫から怒られるのでとても辛いです。
息子は夫のことがとても大好きで、夫も育児にはかなり積極的です。
姑以外のことではなんでも話し合え、守ってくれるような夫です。
夫婦喧嘩の種はいつも姑で、他のことでもめることははっきり言ってないです。
夫は姑のこととなると冷静でなくなり一気におかしくなってしまい、私は悲しくなってしましいます。
周囲からは仲の良い夫婦と言われ、現在、私も連帯保証人となった家も建築中で、2ヶ月後に完成予定です。
仕事はフルタイムでしていますが、育休から復帰したばかりで貯金もあまりありません。
私の両親は既に亡くなっているので頼るところがありません。
私の本心は、不安ですし、夫が死にそうだったら多分全力で助けます。愛情は残っているので離婚したくないんだと思います。
でも、姑のことでずっと責め続けられると自分がもたないし、夫ももっと気持ちよく自分の実家と付き合ってくれる人を探したほうがいいと思うので離婚した方がいいんじゃないかと揺れています。
どんなことでもいいのでアドバイス頂けたらと思います。まとまらずすみません。よろしくお願いいたします。


アドバイス

初めての妊娠そして出産には喜びと不安がたくさんあったと思います。
育児をするうえでもご自分のご両親に頼ることのできない心細さは、胸が張り裂けそうな孤独を感じることもあったのではないでしょうか。
そのような中、愛する1歳の息子さんのために、今まで本当によく頑張ってこられたと思います。

嫁姑問題は永遠のテーマです。
『義母との関係にストレスを感じている』という声や、直接文句も言えず夫に訴えるしかなく、些細なことで夫婦喧嘩にもなり、『私はあなたと結婚したのよ』『あなたの親と結婚したのではない』という声もたくさん聞きます。

すずらん様にとっては、姑との関係以外は上手くいっている。
夫の関係も本来とてもいいのに、姑が絡むと途端におかしくなって、離婚さえ頭をよぎるところまで追い込まれていらっしゃるんですよね。
そうなっていることに対して、夫はあまり重大視していないことにも苦しんでる。

すずらん様の選択肢は大きく3つあります。
・離婚する。しかし、時期は、それなりの生活費をもらって離婚の準備が整ってから。
・このまま、姑との関係に苦しみながら、夫の態度も苦しいけど耐えて、なんとか結婚生活を続けていく。
・貴女様が変わる努力し、姑との関係も徐々に良くしていき、夫と関係もより深めて、新居で再スタートを始めるという道

どれを選んでも間違いということはありません。
消去法ではなく、腹を据えて『私が幸せになるのはこの道!』という覚悟をもって選んだのであればそれが貴女様の進む道なのです。

貴女様はメールに夫に対するお気持をちゃんと書いてらっしゃいます。
ですので、ここは三番目の方法を、自分達夫婦、家族のラストチャンスと思ってチャレンジされてはいかがでしょうか。
離婚はいつでもできるといえば、できるものです。
ですので、離婚という考えは一旦棚上げし、やれることは全てやった、これ以上できることは無いわ、となったらその時に離婚を考えればいいと思います。

まずは、心の平静を保ち基本にかえる。
つまり、母、妻、女、人間としての基本に立つことです。
心豊かな、つまり人を許せたり、思いやったり、自己反省もできたり、の大きな器形成目指して。
なかなかできないけど目指すことが大事です。

その上で、よーしやったるぞ、いいとこ見せるぞ、めげないぞ、あきらめないぞ、絶対幸せな頃の家族に戻る!!というような自分なりの“目標”を持つことが成功の秘訣です。

そして
心豊かな生活をめざす!

よく、『他人は変えられないが、自分は変えられる。自分が変わると、他人も変わる』といいます。
はからずも『姑もよかれと思ってしていることばかりだと思っています』と貴女様は書いてらっしゃいます。
よかれのさじ加減が分からない方なんでしょうね。

ならば、『よかれと思ってしている』を感じ接するように、自分を少しづつでも変えていってはどうでしょう。
多分、貴女様は真面目でらっしゃるから、どれもこれも真正面から受け止めて、一つ一つを真剣に考えてしまうのではないですか?
事に応じて受け流しもいいんです。

夫も自分の母親のことを悪く言われるのは嫌なものです。
例え自分も同じように感じていても、です。
ですので、上手く伝え方をコントロールしていけばいいのです。

とはいえ、今まで考えたこともないこと、したこともないことをお一人で始めるのはたいへんで、すぐ行き詰ってしまうかもしれません。
大切なお子様の将来やこれからの人生の一大事に必要な、愛と覚悟を整えていくために、経験豊富なプロに、一度相談されるのもいいかと思います。
育児やお仕事もこなすお忙しい日々だと思いますが、お食事や睡眠もとって体調を崩さないようにしてくださいね。


事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ