【メール相談】結婚して約18年になります

相談内容

夫は5年前から単身赴任しており、子どもが高校と中学に進学するタイミングで、一緒に暮らそうということになり、家探しなど準備をしていました。

先日、夫から話があるといわれ、単身赴任先で不倫をしていたことを告げられました。
『不倫相手とはきっちりと別れている。離婚は覚悟しているが、隠したままではいられないと思った。何とかもう一度夫婦で向き合うことはできないだろうか』というものでした。

単身赴任の間のつらかった事などを聞き。なんとかやり直していく方向では考えています。
ただ、許せない、やるせない思いと、子供もいるのだし、いやいややり直そうという気持ちが交互に沸き上がり、本当に心が疲れ切ってしまって…。

こんな状態の中、ネットで見た、不貞行為を認め、今後しないという誓約書の作成を真剣に考え始めました。
修復する気持ちが大きいですが、未来のことは、わかりませんし、離婚に至ってしまうかもしれない、そのためには必要だと思うのです。
それは、間違っていますでしょうか。

あと、ひとつ気になるのは、
「不倫相手のご主人に呼び出され、近づかない、連絡を取らない等の誓約書を手書きで書いてきた」というのです。
向こうに謝罪し、こちらには謝罪がないのは、おかしいです。
また、それを証拠に何か相手方から要求されないか心配です。
ですが、相手の女性には会いたくないのが本音です。
どうすれば、きっちり、きっぱりとすっきりできるのでしょうか。
誓約書のことも併せて、アドバイス、お願いいたします。


アドバイス

5年ぶりに家族一つで屋根の下で暮らせると思っていらしたところに、ご主人から思いもよらぬ不貞という過ちを告げられたのですから、その衝撃はいかばかりであったか、お察致します。
色々な想いが入れ替わり、それに翻弄される日々は本当にお辛く、得も言われぬ疲労感を感じていらっしゃることでしょう。

お二人で話し合われ、なんとかやり直していく方向でお考えとのこと。
色々な想いと向き合いながら暮らしていかなければならいのですから、ある意味、やり直しは厳しいです。
でも、本当に真剣に向き合われ、そちらを導き出されたんですね。

過ちをなかったことに出来ず、全てをお話しになったご主人
それを受け止めて、揺れながらも、修復をえらばれた貴女様
お二人とも勇気を持って、真摯に生きていらっしゃると、感じ入りました。

とはいえ、貴女様のお心の中が穏やかなはずはありません。
疑心暗鬼にもなります。
そういう自分をイヤになる時もあれば、こんな私にしたのは誰!と思う時もあるでしょう。また次があったら、と思うのも当然です。
そこで、一つの安心材料として、修復の為に夫に誓約書を書いてもらうというのは、有りで、そのような誓約書の作成にたけた行政書士の方もいらっしゃいます。
さらに、ご主人が相手方夫に書いた誓約書の件も、それをもとに何か要求されるのではないかと心配させていらっしゃいますので、そこは、弁護士さんとか法の専門家にご相談されるといいかと思います。

こういうことは、後々のことを考え、素人考えで進むより、専門家のサポートを受けられる方が賢明だと思います。


事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ