【メール相談】離婚を回避して夫婦仲を良くしたい

相談内容

結婚して6年です。子どもは妻の連れ子の小6の男の子と、私との間にできた年長の女の子の二人です。
妻は下の子が1歳になると、正社員として働き始めました。
始めの2年位は育児優先の働き方でしたが、配属が変わった頃から、徐々にと終電まで仕事をしたり、仕事関連の飲み会に参加するなど仕事を優先の生活をするようになってきました。

家事や育児の多くは私がしており、それ自体に不満はそこまで溜まりませんでしたが、家族と過ごす時間は激減し、その事で夫婦喧嘩も増えていきました。

そんな状況が続いている中、妻がキャリアアップのため転職を考えていると相談されました。
元々キャリア思考の妻ということはわかっていましたが、これ以上仕事に時間を使うのはどうなのか、それは家族を疎かにしているのではないかと私の考えを言いました。
すると、それ以来、妻は話しかけても、冷たい態度や無視する様になりました。
このままではいけないと、コミュニケーションを取りたい、妻の事を愛しているしセックスもしたいと何度か率直に伝えました。
しかし、妻の回答は、もう男性としての愛情は無い、触られたくも無いというものでした。
そこから1年以上具体的に離婚の話し合いには進まず、何となく日常生活を続けていました。 その後家庭内別居になりました。
妻には、自分の至らない所は直していく。考え方も変えていきたいと伝えました。
しかし、妻は、価値観が違いすぎる、変わって欲しいとも思わない。長女が小学生になるタイミングで離婚したいと言われました。
ついカッとなって離婚と口にしたこともありましたが、妻を愛していますし、家族仲良く暮らしていきたい思い出います。
こんな状態ですが、以前の様に夫婦仲を取り戻したいと思っていますが可能でしょうか?


アドバイス

仕事優先の奥様を支え、家事や育児本当によくなさってこられたと思います。
思わず離婚と発したこともものの弾みで言ってしまったんですよね。
なんとか歩み寄ろうと努力されたこと、お子様のことを考えながら、本当にお辛いお気持ちだったとお察し致します。

娘さんが小学生になるタイミングで離婚したいという事は、それまで家にいてくれるのですから、もう一度謝罪と反省を示せるチャンスがあるということです。

修復は、まず心の平静を保ち基本にかえることです。
このまま離婚になったらどうしよう、とか不安に思うのもわかりますが、おずおずと妻の顔色を伺いながら過ごすことは良い結果に結びつくものではありません。
そうでなく、夫、父、男。人間としての基本に立つことです。
心豊かな、つまり人を許せたり、思いやったり、自己反省もできたり、の大きな器形成目指すこと。
そう簡単にできることではありません。
でも、目指すことが大事です。

その上で、よーしやったるぞ!いいとこ見せるぞ!めげないぞ!あきらめないぞ!
絶対幸せな頃の家族に戻るぞ!!
というような自分なりの“目標”を持つことが成功の秘訣です。
ですので、修復の言葉を言うだけはなく、奥様より社会のこと、会社組織のことなどよくわかってらっしゃる貴方様が、まず、奥様のお仕事の成果をきちんと認め、評価することです。そして、日々、穏やかな態度で、この家庭がいかに心のオアシスとなるのかを知ってもらうのです。
そこには、貴方様の味方になって下さる方や、外部のサポートの協力も得て、仕事にエネルギーを使いたい妻がいる家族、家庭というものを一から見直し、作り直すことも必要と思いますが、いかがでしょうか。
最初はぎこちなくても、目標を見失わずに進めていくことです。

さらに、その一方、『もう男性としての愛情は無い、触られたくも無い』という言葉は、何を示しているか、という事も考える必要があるかと思います。
結婚した時とは、時間の経過とともに色々変化しているものです。
でも、その変化をしっかり把握せずにいると、いつの間にか夫婦が別々な方向に進んでしまうものです。修復を考えた時、多方面から自分達夫婦を見てみる。
そして、その結果みえたものに対処するということも重要かと思います。

後悔の無いよう、どうぞ頑張って下さい。
私共は、これからの人生の幸せを心より願っています。


事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ