【メール相談】離婚を考えています

相談内容

結婚して20年。夫46才妻44才です。
子供が2人、大学生と高校生です。
夫は自分は性同一性障害だと言っています。
夫はこれまでも職を転々とし、今年の2月に会社を辞めて自分で事業を始めました。
その頃から髪型や服装を女性のものにするようになり今まで我慢して男のように生きてきたけどもう我慢したくないと言っています。
私は世の中のLGBT の人たちへの偏見は無いつもりでしたが、自分の配偶者がトランスジェンダーであることには耐えられません。私の恋愛対象は男の人です。
もともと、長年の結婚生活で色んなすれ違いがあり夫への愛情もありません。
お互いに新しい人生を歩む方がお互いにとっても良いと思っています。
しかし夫は離婚は考えていない。今までどおりの生活がしたいそうです。
子供たちの生活も考えると私も今すぐというわけではないですが、今後離婚に向けて何から始めればいいかわかりません。
本当は今すぐにでも籍を抜いて他人になりたい。
毎日がとても苦しいです。
ちなみに子供たちは夫のマイノリティに理解を示しています。



アドバイス

結婚して20年間も知らなかったとは、裏切りにも似た感情を持ったのではないでしょうか。
子供たちが理解を示しているだけに、あなただけが取り残されているような感覚や、子供たちには分からない夫婦であるが故の悲しい感情に、一人悩まれて辛かったことと推測いたします。
理解できる感情と、理解できない感情のはざまで揺れている状況なのでしょうね。

あなたは離婚をしたいと思っているけれど、夫は全く離婚は考えていない、ということなのですね。
しかしあなたも離婚したいとは言いつつ、この先をどう生きて行くのかが分からず、どうしたらいいのかまだ道が見えていないことで悩まれている状況ですね。
先が見えない不安はとてもよくわかります。
自分の感情を優先して考えるのか、現実の問題を優先して考えるのか、とても悩みますね。

頂いている情報がメールに書かれていることのみになりますので、詳細が不明な部分はあります。
ご自身に当てはまるかどうか、考えながら読んでみて下さい。

あなたは現在お仕事はされておりますか?
ご実家の協力や離婚をした場合に住む場所等、どうにかなる環境はあるのでしょうか。
まず離婚したい気持ちは一度置いておき、現実的な問題から確認し、今あなたが離婚できるかどうかを検討してみましょう。

一人(もしくは子供も一緒に出たいと考えているのであれば子供とあなた)で生活できる分の生活費を、あなたが稼いでいるかどうか(仕事があるかどうか)という点。

離婚をした場合、養育費は支払って貰えますが、継続した生活費は貰えなくなります。 (養育費は子供の年齢にもよるので、残念ながら子供の年齢が不明のため確実ではありません)生活するためには、あなただけで生活できる分の稼ぎがあること、もしくは実家で援助してもらえる環境があること。これが必要です。

次に離婚をした際に住む家があるのかどうかという点。
(夫は離婚したくないと言っているので今住んでいる家は貰えないという想定にしました。)家を借りることができるか、家賃を支払える環境があるか、実家に住むことが可能かどうか。

毎月の生活費と住む家がないと生活することができません。
同居のままの離婚は、相手が反対している以上、ほぼ無理だと思います。
現実問題、お金と家の問題がクリアされなければ、今は離婚するタイミングではないということになります。
しかし、環境が整っている場合は、思い切って離婚することは可能になります。

例え離婚ができる環境であっても、この先一人で生きていく勇気というものは、そう簡単に持てるものでもないでしょう。
「今すぐ」というより、今から計画を立てて行くと良いと思います。
もし今が離婚のタイミングでない場合でも、その日に向かって準備をして過ごして行けばいいのですから、同じように考えられると思います。

ではここからは夫に対する気持ちを再度確認してみましょう。
突然聞かされた事実に、体が拒否反応を起こし、冷静に考えてない可能性もありますので、先に書いた、離婚できる環境があるかないかも踏まえた上で考えてみて下さい。

夫のことは好きですか。
夫から貰える毎月のお金に魅力は感じますか。
離婚をして完全に一人で生きる際の不安は感じますか。
自分の生活が辛いものになっても離婚をして一人になりたいですか。
離婚をすることで子供に対して申し訳ないと思いますか。
子供には申し訳ないけれど自分の気持ちを優先したいですか。

あなたからすると、人間としてどう、とか、LGBTがどう、とか言っているのではないのは分かります。
「自分の夫」には当てはめられない、納得できない、認められないということなのでしょうね。
脳で理解できていても、体は拒否することなど、世の中にはたくさんあると思います。 その葛藤はとても辛いものだと思います。

先に書いた質問をひとつひとつ自分に問いかけ、考えてみていただきたいのです。
もし、少しでも離婚を躊躇するものがあるのであれば、今すぐ離婚せず、別居という形を取って、その先の離婚に耐えられるのかどうか、やっていけるのかどうか、試されたらいいと思います。

別居の場合は毎月の生活費(婚姻費用)を夫から貰えますので、(貰えない場合は婚姻費用請求の調停を申し立てられます)少し距離を置いて冷静にこの先を考えられるのではないかと思います。
離婚は残念ながら二人の同意がないと成立致しません。
あなたが離婚をしたいと強く申し出たとしても、夫が同意しなければできないのです。
夫が反対している以上、今すぐ離婚はできないですし、実際に離婚となった場合でも、まずは別居をしていないと状況的に難しいので、別居はこの先の良いシュミレーションになると思います。

今、別居できる資金がないのであれば、まずはその資金を貯めることです。
夫が同意していないのであれば、すぐに離婚にはならないのが現実でしょう。
その間に、あなたができる準備をして前向きに進んで行くことが良いのではないでしょうか。
別居ができた場合、お金の不安がなくなるので、そんな環境でもいいと思えるのでしたら、別居という形で婚姻関係を続けることも新しい形としてありかもしれない、と思いました。

あなたの一番幸せな方法がどこになるのか、大変申し訳ありませんが、あのメールだけでは判断しかね、的確なアドバイスが難しい状況です。一度面談にいらっしゃいませんか。 私共では経験豊富なカウンセラーが今後の計画や今の辛い気持ちも理解し、一緒に考え、この先の提案をすることが可能です。

とても苦しい状況の中、相談くださりありがとうございました。
私どもはいつでもあなたの味方でございます。
今まで子育ても家庭もしっかりとやってこられた素晴らしい女性なのだと思いました。
そんなあなたがこの先、笑顔で暮らせ、幸せになれる方法を一緒に探して行きましょう。 応援してます。がんばってください。

事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ