【メール相談】離婚回避したいのはワガママなのか

相談内容

夫から離婚を切り出されました。
私としては回避したいのですがするべきかどうか悩んでいます。
原因としては性格の不一致に当たります。
物事に対する私の姿勢に付き合いたくなくなったとのことです。
怒られた後に離婚を切り出されるというのは今までに数回ありました。

怒られる内容として具体的には、
場当たり的に行動する
物事をわからないままにしておくことに危機感を感じない
理解力が無いのに理解しようとしない(わかってないのにそのまま話を聞いて、意見を求められた時に何がわからないのかわからず結局最初から話させる)
出来ないことに対して努力しない(自家用のマニュアル車の運転)
意見をはっきり言わないので何を考えているかわからない

以上の事が複数回あり蓄積され、生産性がなく一緒に生活するのが嫌になったと言われました。

わからないままにしておく、努力しない に関しては
日常のやらなければいけない事に気分的に追われていて後回しにしてしまう癖によるもの
意見をはっきり言わないことに関しては、自分でもはっきりとした意見をもっていない場合が多く言えることがないという感覚です。これは何も考えてない結果だと言われています。

メモを持ち歩くなどの対策を最近とるようになりましたが、後回し癖と意見がすぐにまとまらないことに関してはすぐに改善することが難しく感じます。

私は離婚したくないですが、考え方の癖を変えるのはとても難しく、可能だとしてどのくらいかかるか先が見えず、子供もおりませんので、婚姻関係にしがみつくのは私のワガママであり、苦しめられる夫は可哀想なのかとも思えてきて、考えが揺らいでしまい悩んでいます。



アドバイス

夫が可哀想だと思えるなんて、とても優しい方なのでしょうね。

あなたの問題は、離婚はしたくないが、それが自分の身勝手なのではないか、それによって夫が可哀想なのではないかと気持ちが揺れていることで、どうしたらいいのか結論を出せずにいる、ということですね。

このメールを読む限り、あなたは離婚はしたくないのですよね。
相手に対して申し訳ないと思うからこそ離婚をした方がいいのではないかと悩んでいるようですが、ご自分の気持ちだけを考えれば、離婚はしたくない、修復をしたいと願っているように思えます。
その気持ちでいる限り、夫のために離婚をしよう!などと思う必要はなく、自分が本当に離婚したいと思うまでは離婚の回避、修復の方向でいいと思います。

あなたはご自身のことをものすごく悪くダメ人間のように書いていらっしゃいますが、私はあなたが思うほど悪いところはないように思えます。

ご夫婦お二人とも、夫と妻が上下関係にあり、夫に従うことが当たり前で、夫の言う事が全て正しいと思っている、あなたができていないから悪いと思っている、夫の考えを強要させられ、夫の考えに合わせなければ怒られているように感じました。

では夫婦とは一体どんな関係なのでしょうか?

夫婦は上下関係などではありません。対等なのです。
たしかに夫がイラっとする場面があるのかもしれません。
だからといって、対応としてメモを持ち歩く、意見がまとまっていないから怒られる、やらなければいけないことを後回しにしてしまうから怒られる。
それでいいのでしょうか。
この内容を見て私は何か釈然としませんでした。

まるで会社の上司と部下のように思えました。家庭は会社ではないのです。
仕事なら仕方がないと思えますが、日常の生活で、夫が上司で妻が部下のような扱いが 私はとても疑問に感じてしまいます。
夫との会話は報告なのでしょうか。
別に意見がまとまっていなくてもよくないですか?何か問題があるのでしょうか。

夫との出会いや年齢などでそのような関係になってしまったのではないかと推測できますが、家庭では支離滅裂であったり、オチがなかったり、報告できない程度の内容のない時間があったり仕事ではないので、それでいいはずなんです。

以前も怒られた後に離婚の話をされたことが数回あったとのことですが、今回も何か怒られてから離婚を切り出されたのでしょうか。
今回は何の前触れもなく、突然離婚を切り出されたのでしょうか。
以前の状況と何か違うと感じる部分があるのであれば、もしかすると今回の離婚話は、夫の女性問題が原因の可能性もあると思います。
ただメールからの推測になるので、確実な話というわけではありません。
可能性がゼロではないというだけです。

女性の場合にしてもあなたの性格が原因だとしても、どちらの場合でも夫が離婚と言ったからといって、離婚しないといけないわけではありません。
どれだけ離婚を迫られても、あなたが離婚を拒否する限り離婚はできないのです。
離婚は片方の気持ちだけでは絶対にできないのです。
ですので離婚の鍵を握っているのはあなた自身なのです。

恐らく夫は威圧的な口調で離婚を迫っているのではないでしょうか。
全てあなたのせいにして、離婚を口に出しているのではないでしょうか。
でもあなたが離婚をしたくないのであれば、離婚はしたくないときっぱり言ってください。
きっぱりと拒否していいのですから。
あなたは優しいので、夫が可哀想だと思ってしまうでしょうが、自分の気持ちを優先してください。
私はあなたが後から後悔をして欲しくありません。

しかし、もし離婚も検討しているというのであれば、あなたが損をしない方向で離婚を進めることもできます。
ただ、申し訳ないのですが、このメールからではあなたの年齢、結婚年数、有職者なのかどうか等、有利に離婚を進めるための情報が不明のため、この回答ではその提案もできない状況です。
修復でやっていく方法も、離婚を有利に進める方法もできればご提案したいと思っております。
もしよろしければ一度詳しくお話を聞きながらご相談をさせていただきたいと思います。 サロンでの面談は難しい場合は、私どもには電話相談もございますので、是非ご連絡いただければと思います。

夫の考えが全て正しいわけではありません。
修復を望むのであれば、あなたも変わらないといけないところはあると思いますが、夫も変わらなければ、いつまでたっても主従関係は変わることなく、いつまでも今のままで何も変わらないと思います。
あなたは優しく、自分に自信がないので、反論もせず今まで素直に夫の意見を受け入れて来たのだと思いますが、それが正解とは限りません。
これからは自信を持って、夫婦の関係を築いていけるようアドバイスさせていただきたいと思います。

苦しい状況の中、メールを下さりありがとうございました。
私どもは、どんな状況であってもあなたの味方でございます。
がんばってください、応援しております。


事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ