【メール相談】離婚回避

相談内容

結婚1年半。
先日、妻から離婚を言い渡されました。
理由は、私が家事に非協力的であったり、思いやりが以前よりなくなったと言われています。
妻からは完全に気持ちがなくなったので、離婚したいと言われています。
私は、妻から話を聞いた日から、反省し、謝罪し、家事など積極的に取り組み、思いやりを持って接してきました。ですが、妻は拒絶状態で来月末には実家に帰ると言っています。
そのことは、妻の親も同意しています。
私は今後、どのようにして謝罪や反省を示していけば良いのでしょうか。私の最終目的は、離婚回避です。よろしくお願い致します。

アドバイス

奥様から離婚を言い渡されたあと、反省し、謝罪し、修復にむけて頑張ってこられたのに、 拒絶状態平行線のままで、さぞかしお辛い日々だったとお察し致します。

ご存知のように、離婚は、一人でできるものではありません。
ましてや貴方様は、最終目的は離婚回避であると、明確なご意志・目標をお持ちですので、諦めず、“できる事は全てする”という覚悟で進まれたらいいと思います。

ただ、奥様から離婚を言われてから始めた行動や『これからの変わった自分を見て判断してほしい』と言ったが、奥様は拒絶状態。
ましてや、義両親も離婚に同意されているのですから、通り一遍のことでは難しいのも事実です。

まず、貴方様の反省や、謝罪、そしてその後の行動が的確なものであったか。
ポイントがずれていなかったか。
修復の初動のこの点は、その後を大きく左右ことです。
奥様は貴方様のなさる事うぃ拒絶し、来月末には別居することを決めているのですから、ここにも、大きな問題があったのでしょう。

この状態から夫婦関係を修復するには、“やれるだけのことをする!“という覚悟と行動ですが、
例えば、第三者を交えて、冷静な話し合いを進めることもなさることも必要でしょう。
貴方様に対する信用、信頼はこの1年半の生活の中で、なくなってしまっているのです。
そこには、保証人たるべき人の力添えも必要です。
離婚は綱引きと同じです。奥様の方には義両親がいらっしゃいます。
その一方、貴方様の方は、メールを拝見すると、貴方様お1人です。
これでは結果はあきらかですね。
貴方様に一緒に綱を引いて下さるかたはご両親や、共通の知人など、奥様や義両親が一目置く、話を聞いてくださる方はいらっしゃいませんか?

また、その上で、きちんと夫婦生活を続ける上での約束ごとを決めて書面にする、というのも有効な手段です。それはこの結婚を続けることに対する貴方様の責任と覚悟を示すものだからです。

これからの人生の一大事にどう行動していくか、貴方様お一人で難しければ、経験豊富なプロと相談しながら進めていく方法もあります。よろしければサロンに面談においでくだされば、お力になれると思います。

私共は、貴方様のこれからの人生の幸せを心より願っています。
諦めず、頑張って下さい。応援してます。

事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ