【メール相談】離婚

相談内容

私から夫に離婚を申し出ました。
子供は高校2年生、小学6年生の二人です。
夫からは『子供は渡さないので、慰謝料を300万払え』と言われています。
ですか、当然そんな金銭的な余裕はないので、途方に暮れています。
また、夫からは『子供を守るために司法を利用して法的手段を講じてでも私を追い詰める』と言われてしまい恐怖感も募っています。
私としてはどうしても協議で円満に解決(離婚)したいと考えております。どのように話を進めて行けばよろしいでしょうか?




アドバイス

私もずっと長い間、離婚をしたくて我慢して来ましたので、気持ちはとてもよく分かります。

あなたの問題は協議離婚で円満に離婚をしたいが、夫がそれには応じず、「子供は渡さない、300万の慰謝料を払え」と言われてしまい、そんな金額は払えないこと。
さらには法的手段を講じて追い詰めると言われ、恐怖に感じていることですね。

夫に離婚を申し出たとのことですが、離婚されたい理由は何でしょうか。
離婚したい理由によって、アドバイスも変わってくるとは思うのですが、残念ながらその部分は書いてありませんでしたので分かりかねますが、現状、離婚の話をしてから、子供は渡さない、慰謝料を払え、法的手段で追い詰めると夫に言われたのですね。
今のこの状態から協議離婚(円満離婚)をするのはかなり難しい状況だと思われます。

なぜなら夫は離婚がしたくないのですから。

この条件であれば離婚を諦めるだろう、という条件を出しているに過ぎません。
どうせ無理だから離婚をしたいなどと言わなくなるだろう、という思いが詰まった条件です。
万が一この条件をあなたが飲んで離婚しましょうと言っても、夫は離婚を拒否すると思います。
夫は離婚したくないので、この条件でどうにか離婚を回避しようと願っているのです。

実際、この条件であなたは離婚を躊躇しておりますので、結局夫の思うつぼ、と言ったところです。

あなたの離婚理由が分からないので的確なことが言えず申し訳ないのですが、協議離婚にこだわり、円満に離婚をされたいのにはどんな理由があるのでしょうか。

では質問です。少し考えてみてください。今3つの選択肢があります。
1.円満に離婚ができなくても必ず離婚をする
2.どうしても円満離婚がしたい
3.円満に離婚ができないのであれば離婚をしない

さぁ、どれでしょうか。

希望としては2なのでしょうけれど、現状難しい状況です。
では円満に離婚ができないのであれば、離婚をやめるのか、それでも円満でなくても強引に離婚をしたいのか。

夫の言う、慰謝料や法的手段などは考えず、ひとまずご自分の気持ちだけを考えてみてください。

まず、1の円満に離婚ができなくても離婚がしたいと思った場合。
「離婚」というものは二人の同意がなければできません。
どちらか一方だけが離婚したいと思っても、離婚は成立しないのです。
現状、夫は離婚に同意をしていないし、今後も同意はしないと思われますので、もし、あなたがどうしても離婚をされたいのであれば、協議は諦めるしかないと思います。

その場合は家を出て別居を始めるところからのスタートになります。
家を出ずに離婚は難しいのです。
例えば同居のまま離婚調停を申し立てたとしても、調停員に「まずは別居してください」と言われてしまうでしょう。
なぜかというと、同居している場合は夫婦関係が破綻しているとみなされないからなのです。
その上、夫も離婚を認めないので調停を申し立てても不成立に終わってしまうと思います。

ですので、まずは別居していることが離婚への第一歩なんです。
夫婦関係が破綻してるとアピールするためにも、別居している状態を作る必要があります。
子供はもちろん連れて行かないと夫に取られてしまうので、子供と一緒に家を出ることになります。

では、別居した場合どうなるのかを少し考えてみましょう。
あなたはお仕事はされていますか?
別居をするのであればお仕事をしていないと生活できません。

夫から生活費を貰うという考えは、「離婚するための別居」をする人の考えとして少し甘いかもしれませんね。

とはいえ、webで婚姻費用を検索していただくと出て来ますが、離婚するまでは生活費となる婚姻費用を夫から貰う権利はあります。
ただ勝手に家を出るのですから、夫は一円たりとも払いたくないと言うかもしれません。
婚姻費用は貰う権利があるので、その場合は婚姻費用請求の調停を申し立てる方法もあります。ただ、調停は時間を要するといわれていますので、すぐには貰えないと思っていた方が無難です。
ですから、まずはご自分で生活できるくらいの収入がないと別居生活をするのは難しいため、お仕事をしていることは必須条件になってきます。

もし、現在お仕事をされていないのであれば、恐らくすぐには別居ができないと思いますので、計画的に、今後の別居を想定しながら生活をして行くと良いと思います。
今からお仕事を探したり、お仕事をされることをお勧め致します。

そして別居するためには、お仕事も必要ですが、住む家も必要となります。
ご自分で家が借りられるのか、家賃は支払えるのか、もしくはご実家に戻ることができるのか。
生活費も大事ですが、住むところも別居するためには絶対に必要となります。
今後、離婚を…と考えているのであれば結局同じことですので、今後の離婚のためにも計画を立てて準備をすると良いのではないでしょうか。

今すぐ別居ができなくても「いつか」に向け、前向きに進んでいく計画が気持ちの支えになると思うので、一つずつ、解決していけるように準備をして行くと良いと思います。

すでにお仕事もされていて、生活もある程度はできるし、家もどうにかなるというのであれば、子供を連れて別居を決行してください。
その後、離婚の調停を申し立て、結果、成立になるのか、不成立になってしまうかは、相手があることなので何とも言えません。
もし不成立になったとしても、5年も別居を継続すれば離婚は裁判所で認められることが多いようです。

次に3の円満に離婚ができないのであれば離婚をしないという場合ですが、今後の生活の不安はなくなると思いますが、夫に対しての気持ち、離婚したいと思う気持ちをどう処理するか、という問題があります。

離婚したい理由が不明なのではっきりしたことが言えず申し訳ありませんが、離婚をしない場合、今の状況のままであなただけが我慢をして生活しないといけない、というわけではありません。
現状離婚ができない状況ですが、夫に対する離婚したい気持ちが変わることとは別問題です。

離婚しないのであれば、いつか離婚をするために準備をする方法と、円満な夫婦関係になるよう努力をする方法のどちらかになるかと思います。
準備をする方法は先ほどの話と同じですので、ここでは円満な夫婦関係になるためにはどうしたら良いのか、ということを考えてみましょう。

現在、離婚を決心するほどの夫婦関係です。
ただ離婚をしないと決めたから元通り、ということはあり得ないでしょう。
今のままの夫婦関係で円満な夫婦になれるはずがないと残念ながら私は思います。
では相手が変わればいいのか、というものでもなく、お互いに変わる必要があると私は思います。

長い年月積み重ねた色々な感情と、きっかけとなる原因が絡むので、円満な夫婦になるのも相当な覚悟と時間がかかります。
ただギスギスした状態で毎日を過ごすのであれば、円満な夫婦になってこの先を過ごした方が気持ちが楽だし、結婚した当初のような関係に戻って楽しく今後を生活したい、と思えるのであれば、夫婦関係を修復する方法を選ぶのも良いかと思います。

夫婦はどちらかが変わればいいのではなく、二人で変わらないと何も変わることができません。
夫には離婚したい意思を伝えてあるので、夫も相当な衝撃を受けていることと思われます。
確かに夫からの慰謝料や法的手段というものも恐怖ですが、この条件が怖いからとは言わず、色々考えたけど、やっぱりやり直すことが一番いい方法なのかもしれない、と歩み寄ってみてはどうでしょうか。

夫の年収や性格など詳しいことが書いてないので難しいですが、少なくとも衝撃を受けた夫は、鋼鉄の鎧を身に着け、慰謝料だ!法的手段だ!と、あなたを責め、脅し、恐怖で支配しようとしています。
そんな中、牙を向かず、優しさで対応すれば、夫も意表を突かれ頑なな心も開くのではないかと思います。

一時は離婚しかないかとも思ったけど、色々考えていたら昔のあなたを思い出した。
こんなところが好きになって結婚したんだ、いつもちゃんとお仕事してくれて感謝しないといけない。長年一緒にいるから思い出すことを忘れていた、一番大切にしないといけない人だと気づいた、もっと話をしないといけなかった、不自由なく生活ができるのもあなたのおかげ、など、あなたに当てはまるものがあるかわかりませんが、そんな昔のことや、実は感謝していること、これからも仲良く暮らしたいことなどを相手に伝え、うまくやっていきましょうと提案してみてください。

ただし、今のこの状況からすぐにうまく行かない可能性もあるので、もう離婚とは言わないけど、これからの二人のために一度、ここに行って話をして来てほしい、と私どものカウンセリングを夫に受けてもらうことを条件にしてみてはどうでしょうか。

夫婦問題を専門としている私どもは、二人の仲を修復させるノウハウを持っています。
夫を変えさせる場所としては適しているのではないかと思います。

このメールを見てもやっぱり修復はあり得ない、離婚しかないなと思われましたでしょうか。
やはり協議離婚にこだわり、円満に離婚をされたいと思ったのであれば、すぐには難しいと思いますので、時間をかけ、夫を納得させなければなりません。
夫は離婚を考えていないのに離婚で、しかも協議となると、もう少し詳細を確認しないことには、できるかできないかの見当もつかない状況です。

あなたのメールだけでは、的確なアドバイスが難しいので、もしよろしければ一度直接お話を聞かせてもらえませんか。
こちらに来るのは難しい場合は、私どもでは電話相談もございますので、一度、相談していただければと思います。
私どもはいつでもあなたの味方でございます。
色々と悩み、辛い状況だとは思いますが応援しておりますので、あなたの希望の未来になりますように、お祈りしております。がんばってください。


事前予約専用フリーダイヤル
0120-25-4122
Webサイトからのご予約
カウンセリング予約フォーム

※海外からの方は電話:03-6274-8061/メール:caratokano@gmail.comへ

※土日祝は電話のみの受付となっておりますので、ネットからのお申込の場合、翌営業日のご返信になることをご了承下さい。
お急ぎの際はフリーダイヤル(0120-25-4122)にてお申込み下さい。

決済方法

料金お振込み先
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
普通 4751784
(株)カラットクラブ